最新のサロン集客に役立つ情報

短期間でサロンの売上が倍増アップを達成した韓国ソウルのサロンオーナーさんの成果事例とは?

今回お届けするのはですね?

『我流ブログからの脱却!短期間でサロンの売上が倍増アップを達成!』

韓国ソウルのサロンオーナーさんの成果事例です。

是非とも今回の彼女の事例が参考になればと思います。

 

『短期間でサロンの売上が倍増アップを達成した韓国ソウルのサロンオーナーさんの成果事例!』とは?

 

上川:斎藤さんどうも、こんにちは。

 

斎藤:はい、こんにちは、よろしくお願いします。

 

上川:今日はどうもよろしくお願いします。なんとですね、今日、私は三重とですね、斎藤さんは韓国のソウルでサロンをやってて、なんと二次元中継みたいになってやってますが、ZOOMってすごいですよね、こうやって海外にいる方でもこうやってやりとりができるということで、距離がもう本当に近所で話しているような感覚になってますよね、今日はひとつよろしくお願いします。

斎藤:よろしくお願いします。

 

上川:今日はね、斎藤さんにいろいろちょっと僕のほうでインタビューをしていきたいんですが、まず最初にこの動画を見てる方に、斎藤さん、簡単なね、どこになにをしてるかっていう、ビジネスですね、簡単に自己紹介だけちょっとお願いいたします。

斎藤:はい。はじめまして。ソウルで、東大門といって、夜も寝ない街っていって、それこそ市場がいっぱいあってですね、観光の名所になってます東大門で個人サロンをやっております、斎藤クミコと申します、よろしくお願いします。

 

韓国でサロンをオープンしたきつかけとは?

 

上川:よろしくお願いします。斎藤さんは今韓国ソウルなんですけども、韓国はいつから住まれてるというか?

斎藤:もう23年目ですね。

 

上川:そんなに経つんですね。じゃあハングル語はもうベラベラ喋れる感じで?

 

斎藤:はい、そうですね。

 

上川:すごいですね。それは結婚かなにかがきっかけで韓国に?

 

斎藤:そうですね、お嫁に来てっていう感じで。

 

上川:そうなんですね。今のそのサロンはどれぐらい経つんですか?

 

斎藤:今年の2月です。

 

上川:あ、そうだったんですね、そうでしたね、ごめんなさいね。

 

斎藤:ちょうど、お店の契約が12月10日だったので、ちょうど1年過ぎて、いろいろ準備して2月にオープンだったんですね。

 

上川:じゃあその韓国ソウル20何年か来てた時は、そのエステサロンを開業する前は何をされてたんですか?ちなみに?

斎藤:韓国人をのお手入れをする、そういうお店で働いてましたね、なので、日本でも、韓国来る前に日本でエステをやっていて、全く違う韓国のやり方をまた一から学ぶっていう感じで、韓国人の下でずっとやってたんですね。

 

上川:そうだったんですね。で、今年2月にサロンを出そうと思ったのはなぜなんですか?その、勤めていて?

斎藤:結局ちょっと韓国人の方とか、最初すごい大変だったんですね、力が弱いとか、なんかそういう感じで、こっちの方はすごい強いのが好きなので、それでなんかもう強くしてくれっていう感じで、すごい大変だったんですけど。

でも1年半ぐらい勤めて、やっぱりそこはすごい大変なお店だったんですけど、そうこうしているうちに韓国人にもすごいあの、指名をもらえるようになって、認めてもらえるようになったんですね。

 

上川:素晴らしいです、はい!

 

斎藤:最初すごい大変だったんですけど、それでやっぱり私も自信が持てたっていうのもあって、そしたら、韓国人にも認めてられるんだったら日本人にも、こういう、それこそ、日本人の方ってやっぱり、韓国人にやって頂くっていうのが言葉も、不明だったりとか。

そういうことで不安があるんですけど、日本人の私が、韓国式と日本式のそういうものをドッキングさせてっていうか、良い形にしてお手入れすることができたらいいなっていうことで、オープンしようかなって思いました。

 

上川:なるほどですね、自分にも需要ができたんで、ちょっと、やってけるかなというのもあったと?

 

斎藤:そうですね、自信ができたっていう感じでしたね!

 

上川:わかりました、ありがとうございます。それで今年の2月にオープンされて、その時って集客状況はどういう手段をしてたというか、どういう風にされてました?最初、集客とか?

斎藤:一応、それこそこっちに、ソウルに住んでる日本人たちを対象にしたかったんですけれども、だから日本人の人を集めようと思ってコミュニティとかに声かけをしたりとか、最初ちょっとオープンしました、みたいな感じでちょっとキャンペーンをやってみたりとかしてやってたんですけど、結局ブログを媒介としてやるしかない感じだったんです。

やっぱり、日本人に語りかけるっていう風なので、そうやってブログちゃんとやろうと思ったときに、ちょっとあの、それこそ、友達が、日本の友達が、トップブロガーさんがいて、紹介してくれたりとかして、そこから一応ブログが重要だなっていうのをすごく感じて。

 

上川:なるほどですね、で、やり始めたっていう?

 

斎藤:そこからはもうほとんどブログ1本できてますね。

 

我流でブログをやり続けてた時期

 

上川:なるほどですね、はい。でその、2月にオープンされて、手探りでいろいろやってきた中で、ブログは誰からも学ばずに自分で我流でやってたっていう感じですか?当時?

斎藤:こっちで初心者向けので教えくれる人がいるんですけど、日本人で。その人から1回ちょっと習って。

 

上川:そうだったんですね、なるほど!

 

斎藤:はい。一応習って、こんな感じでやったらいいよっていうのは教えてもらったんですね。

 

上川:はいはいはい、なるほどですね、そうだったんですね。で、それで自分で、一応基礎習ってやっていく中で、どこでこう、自分の中でつまずいてました?そのとき?

斎藤:やっぱり日記形式になってたんですね。全然そういうオフィシャル的なそういう内容とかじゃなくて、やっぱり日記みたいなそういうブログばっかり見てたので、そういうお仕事をしてる人たちの営業用のブログがわからなかったんですね。

 

上川:書き方がわからなかったってことね、なるほど!

 

斎藤:ええ。みんななんかすごく良くできてるのに、これってどうやってやったらいいの?っていうところから始まって、ちょっとブログなんとかしないとねっていう風に思い始めてきたんですね。

 

上川のコンサルを受けようと思った決め手とは?

 

上川:それで僕を知って、コンサルを受けたんですけども、何が決め手で受けようと思いました?ちなみにその当時?

斎藤:やっぱりあの、美容専門のコンサルができるっていうことが一番良くて、やっぱり一対一で、一方的じゃなくて、一対一でコンサルして頂けるっていうのがすごい魅力だなっていうのを感じて。

 

上川:それが斎藤さんには自分に合うかなという風に?

 

斎藤:はい、そうですね!

 

上川:なんか男だし、怖い顔してるから、ちょっと怖そうだなと思いませんでした?(笑)

 

斎藤:それでなんか、体験があったじゃないですか、体験セミナーっていうんですか?

 

上川:そうですね、体験コースの、はいはい。

 

斎藤:それで申し込んで、こういう感じでやるんだっていうので、それでちょっと安心できたのもあって。

 

上川:そうですか、なるほどね。そこでじゃあもう確認作業みたいなものでもう決めようと思った?

 

斎藤:そうですね!

 

以前の集客出来てなかったブログの状態とは?

 

上川:ありがとうございます。で、当時はじゃあうまくいかなったブログ、僕と出会う前にブログをやってたときに、うまくいかなかったっていうのは自分なりに、ちょっと我流で日記的なことをやってたっていう感じ?

斎藤:そうですね。

 

上川:で、斎藤さん、結構早かったんですよね、ブログで結構取れ始めたのがね、意外と?

 

斎藤:そうですね、はい!

 

コンサルを受けて手ごたえを感じ始めた時期は?

 

上川:なんか3か月も経ってなかったですよね、なんかもう、いきなしなんかね、形が、作ってる間に入りました入りましたって報告あったんで。

斎藤:結構そうでしたね。

 

上川:ですよね。学んでからうまくいき始めたの、自分の中で手ごたえはいつぐらいでした?ちなみに、コンサルを始めてから?

斎藤:早かったですね、2か月目ぐらいから。

上川:そうですよね、本当ですよね。それでいけるって感じしたんですか?自分で?

 

斎藤:そうですね。だからもうなんか、だんだんと、ブログアップしたらもう予約来るようね、みたいなぐらいの、そういう感じでした。手ごたえはありましたね。

 

上川:本当に大げさじゃなくて斎藤さんの場合、記事書いたら予約入るって感じだもんね、今でもね。

 

斎藤:でしたね、はい!

 

上川:すごいよね、本当にね。みんなだいたい、こんだけ書いてるのになんで予約が入らないんだろうっていう人が多いんだけど、書いたら予約が入るっていうのはそれはもう楽しんでできますよねっていう。

斎藤:ですね。まあでもそこまではまたちょっといろいろ大変だったんですけど。

 

上川:だよね。いろいろ紆余曲折ありましたけどね?

 

斎藤:そうですね。

 

上川:じゃあまあ2か月目で自分の中で結果が出始めて、手ごたえも感じて、これだったら間違いないいけると、いう風に踏んだと?

斎藤:そうですね。

 

上川:斎藤さん本当に売上もすごく上がったんですけども、差し支えない範囲で、売上ってどの程度上がりました?僕からこう?

斎藤:2倍になりましたね!

 

上川:すごいですね!

 

斎藤:おかげさまで。(笑)

 

上川:素晴らしい。おめでとうございます。もっと伸びますよ!

 

斎藤:普通と同じような感じで上がったり下がったりしてて、あんまり変化が見られなかったんですけど。

 

上川:なるほどですね。それがブログを学んでから?

 

斎藤:そうですね。だいたいちょっと、ブログがだいたい完成しつつあったところから、結構バーッて上がりましたね!

 

上川:なるほどですね、そうですよね。そこから急にまた沸点が来たっていう感じですよね?

 

斎藤:そうですね。

 

上川:今までちょろちょろだったのがグーンって来たんですね、夏場ぐらいからっていう感じですね、なるほどですね。

斎藤:そんな感じですね。

 

売上が2倍になったことでその後のサロンはどうなった?

 

上川:じゃあ2倍になって、売上が2倍になったってすごいことなんですけども、2倍になったことでなにか良いことありました?斎藤さんちなみに?

斎藤:もちろんそれは、売上ですから、今までの、生産もいっぱい全部できて、スタッフを増やし、ベッド1台だったのが2台にできたので、観光客の方が多いので、観光客の方って二人で一緒にやりたいっていう方が多いんですよね。それで個人サロンなので、みたいな感じで、お一人ずつお願いしますっていう感じでお断りしてたこともあったんですけど、そういうのがまた改善できたので、またさらに良い感じで。

 

上川:スタッフさんもいるしね、素晴らしいですね。じゃあだから、斎藤さん、ちゃんと売上が上がった分で、ただ喜んだんじゃなくて、そこをちゃんと先行投資をしていったってことですね!

斎藤:そうですね。

 

上川:素晴らしいですよね。やっぱりうまくいく人っていうのは、僕見ててもね、やっぱりこう、一時うまくいく人っていうのは多いんですよね、多いっていうかいるんですけども、そういう人ってすぐ下がったり、落ちていくんですよ。なぜかというと、そこで喜んでる人だからですね。だけどやっぱり伸びる人っていうのは、その稼いだ分とか上がった分をちゃんと贅沢とか、女性ってすぐ旅行とか行きたがるじゃないですか、ちょっとこうね。

斎藤:そうですね。

 

上川:なんですけども、でもそこをグッと我慢してね、たとえばホームページに投資するとか、そういう、斎藤さんみたいにスタッフとか設備に投資するっていうのをしてる人はたぶんもっと伸びますね、今後楽しみですよね、斎藤さんね?

斎藤:はい、だんだん良くなってきてます。

 

上川:はい、また聞かせてくださいね、いろいろとね?

 

斎藤:是非、よろしくお願いします。

 

上川:素晴らしい、おめでとうございます。

 

斎藤:ありがとうございます。

 

1日のサロンスケジュールについて

 

上川:で、一応ですね、ちょっと後半になってきたんですが、斎藤さん、僕逆にちょっと、韓国と日本ってあんまり時差がないっていうのは僕も初めて知ったんですけども、1日のスケジュールって簡単に教えてもらっていいですか?朝起きるところから夜寝るまで?

斎藤:うちはそれこそ完全予約制なので、一応時間、3パターンに取ってるんですね、朝の11時からひとつやって、2時半、6時、っていう感じなんですけれども、一応観光客の方って2泊3日とかで、結構集中して、その時間しかないので、それこをフライトの前に、8時半からできますよとか、買い物全部終わってから、休む前に、夜でもやってますよっていう感じで、そういうちょっと応用は取ってるので。

 

上川:なるほどですね、朝は何時に起きられるんですか?ちなみに?

 

斎藤:起きるのは7時ぐらいですね。

 

上川:7時から自分の、飯食って、支度して、サロンに?

 

斎藤:8時、私家から2時間近くかかるんですよ、お店まで。

 

上川:そうなんですか。それは大変ですね、で、お店に着くのがだいたい10時ぐらいですか?

 

斎藤:そうですね、10時までは来ないと11時からは始められないので。

 

上川:サロン業務が終わるのはだいたいいつも何時ぐらいですかね?

 

斎藤:いつもだいたい、夜のお客様が入っているときはそれこそ9時とか9時半とか。

 

上川:やっぱり遅いんですね。で、家に帰ると何時ぐらいになっちゃいます?

 

斎藤:もう11時過ぎちゃいますよね。やっぱり遅くなったときは泊まったりとかもして。

 

上川:サロンに泊まるっていうことですね、なるほど。寝るのは夜中の1時とかそういう?

 

斎藤:そうですね。

 

サロン業務においてブログを書く時間はいつなのか?

 

上川:ちなみにブログはいつされてますか?合間の時間とかそういうの?

 

斎藤:合間とか、通勤の時ですね、そういう隙間時間でやる感じですね。

 

上川:素晴らしいね。うまくいく人っていうのは、隙間時間の使い方めちゃくちゃうまいです。だいたいブログが書けないとか、できてないとか、サボってる人は、だいたい隙間時間をちゃんと使ってないですね。余計なSNSばっかり見てたりとか、くっちゃべってたり、テレビ見てたり、なんか違うことやったりね。だからやっぱりうまくいく人は共通で、斎藤さんも良い例で、やっぱり合間、隙間時間とか合間をちゃんと記事書いたりリサーチしたり、そこに使ってるっていうのが。

斎藤:そうですね。

 

上川のコンサルを受けて良かった点とは?

 

上川:はい。ありがとうございます。じゃあ次なんですけども、私のコンサルを受けてみて、なにか良かった点があったとか、なにが良かったってありました?ちなみに?

斎藤:やっぱりブログ自体が全然わかってなかったので、全部1から10まで整理できたっていうことが一番良くて、だからやっぱりこの、文章の書き方、効果的な書き方っていうのがすごいよくわかったんですね。こうやって書けばやっぱりお客さんに響くよねっていう書き方がすごいよくわかったので、それを元に、他の記事とか他のキャンペーンとかそういうときがあってもそういう書き方であれば必ずできるよねっていう確信はできました。

 

上川:素晴らしいですね。本当斎藤さん変わったですもんね。内容というか、記事の内容がすごくね?

 

斎藤:です。もう全然変わりましたよね。

 

上川:全然もう、僕も見てて、もう別レベルになってますね。だから予約が入るようになってるんですね。記事書いてね。メニュー記事等も僕と一緒にやったの覚えてます?最初?

斎藤:覚えてます。もう大変でした、長くかかって本当に。もうどうしていいかわかんなかったんですけど。

 

上川:でもね、今ちゃんと出来上がってて、あれが決め手となって実際予約入ってるっていうのはもう間違いないんで。

斎藤:そうですね、あれから。

 

上川:あれがちゃんとできてなかったら未だに彷徨ってたと思います。あとはなんか指導方法とか、そういうのでなにか良い点とかありました?他になんかたとえば?

斎藤:本当に細かく、それこそ文章の中もそうですけど、細かい指導があったっていうか、漠然としてるんじゃなくて、細かく丁寧なそういうので、よくわかりやすかったなっていうのがあります。

 

上川:そうですか、ありがとうございます。じゃあブログの初心者の斎藤さんでもわかりやすく、無理なく進めていけたって感じ?

斎藤:そうですね。はい!

 

集客で彷徨ってるサロンオーナーさんへの提言

 

上川:わかりました。ありがとうございます。これからますます斎藤さん伸びていく方なんで、是非ね、頑張ってほしいと思います。じゃあね、以上でインタビュー最後になりますが、今この動画を見てる方で、ブログやってるけどなかなか集客、予約が入らないとかね、あるいは、これから開業して今からブログ作りたいとかいう人いっぱいいると思うんですね、個人サロンされてる方。

そういう方に、うまく結果が出た斎藤さんだからこそ先輩として言えるアドバイスやメッセージとかあったら、最後是非お願いしたいと思います。

斎藤:やっぱりあの、私もちょっと迷っていた時期があったんですけれども、でもやっぱり早く決めたほうが早く結果が出るっていうのがすごくよくわかってので、だからまあちょっと、お金のこととかそんなこともあったんですけれども、やっぱり投資、ある程度投資はしないといけないというのは思ったので、もうしてしまったらそれこそあとは突っ走るだけなので、早く決断して良かったなというのはありました。

もう迷ってて、もうなんかあれこれ見ているうちにわけわかんなくなっちゃうんですよ。だんだん時間だけ過ぎていってお客さんは来ないし、みたいな感じなので、早く決断して早く進めてっていう風な感じにしたほうが絶対良いなっていうのはすごく思いました。

 

上川:ありがとうございます。本当に実感こもってる今の熱いメッセージだと思いますね。本当に世の中の方って結局、いろいろ物色する、いろいろ調べる、考える、悩む、比較する、最終的にどうするかというと結局動かないという結論を出す。うまくいく人っていうのは決断と行動が本当早いんですね。

これはいろんな人が他でも言ってますけど、でも実際その通りなんですね。斎藤さんあそこでパッと決断が早かったから、だから今年末ね、すごく良い風に過ごされていると思いますし、いい年になってると思います。

斎藤:はい。

 

上川:だからあの時の決断がターニングポイントだったっていうのはもう間違いないですね?

 

斎藤:そうですね、はい!

 

上川:是非ね、頑張ってほしいと思います。はい。じゃあね、斎藤さんこれからもね、本当にね、まだもだ伸びていく方なんでね、是非体壊さずに頑張って頂けたらと思います。また良い報告待ってますのでね、是非よろしくお願いします。はい。

斎藤:はい。

 

上川:お忙しい中どうもインタビュー動画ありがとうございました。

 

斎藤:はい、ありがとうございます。

 

彼女の成果事例のインタビュー動画はこちらからご覧ください!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP