最新のサロン集客に役立つ情報

また異変が?!LINE公式アカウントの料金改定で今後の使い方をどうするか?

また異変が?!LINE公式アカウントの料金改定で今後の使い方をどうするか?

 

近年では、インスタなどSNSが流行ってきてます。

あなたのサロンでもすでのこうしたSNSは集客の手段として取り入れてるかと思います。

ちなみにSNSを使った情報発信って上手くいってますか?

実をいうとWEBから売上を継続的に上げるためには、SNS発信発信だけではぶっちゃけ厳しいです。

その理由はですね?

SNSは基本的にタイムラインに流れるメディアであるためにSNSだけの発信ではなかなか興味をもってもらえないからです!

入口としてSNSで興味を持って貰ってからですね?

自社のコアメディア(ブログやホームページ)に誘導して詳しく知ってもらう。

この流れがとても重要であります。

また今後WEBを介して継続的に集客力をアップさせていくためには必要不可欠です。

要はネット上にあなたの名刺代わりのコアメディア(自社媒体)が必要ってことです。

ちなみにネット上にあなたのコアメディア(自社媒体)はちゃんと用意できてますか?

ちなみにですが、先日にLINE公式から料金改定のアナウンスがありましたね?
↓↓↓
https://www.linebiz.com/jp/news/20221031/

今回の件でLINE公式アカウントを主力情報発信メディアとして使っている人にはかなり影響を受けます。

 

今回のLINE公式の大きな変更点とは?

 

ちなみに今回のLINE公式の大きな変更点としてはですね?

これまでの無料メッセージ数の大幅変更があると思います。

具体的には、

無料プラン:1,000通 → 200通

月額5,000円プラン:15,000通 → 5,000通

月額15,000円プラン:45,000通 → 30,000通

ということで、かなり通数が減っています。

つまり実質の値上げみたいなものです。

また外部ツールを使った配信をする場合は、問答無用で5500円のプランにしないとダメですね。

無料プランはコミュニケーションプランって位置づけになって一斉配信では無くてですね?

個人LINEみたいな使い方が基本になる感じです。

無料プランの配信上限は来年からは200通なので基本一斉配信には使えなくなりました。

 

今回のLINE公式のルール変更で今後はどう対応すべき?

 

そして今回のLINE公式のルール変更から感じるのはですね?

次の大きく2つです!

・メインでの自社媒体を早急に構築せよ

・LTVを最大限あげる必要がある

です。

『メインでの自社媒体を早急に構築せよ』に関していえば・・・・

これは以前から私が何度も何度も口酸っぱくしてお伝えしてたように

・自社でのホームページやブログをを持つ

・見込み客や顧客名簿をしっかり管理する

ということです。

これまでLINEだけ、インスタだけ、無料ブログだけで頼ってきた方達は今後は益々苦しんでいくと思います。

というかですよ?

もし仮にあなたが新規のお店をネットから予約したいと思った時のことを考えてください。

A店:自社でのブログもホームページもちゃんとしたものがある(それに付随してLINE登録もありインスタもある)

B店:自社でのブログもホームページもなく、インスタとLINEしかない

いかがでしょうか?

どっちが信頼度が高いと思いますか?

それから個人サロンの方で集客の柱をホットペッパー依存にしてしまってる方。

本当に危険極まりないです!

今後もホットペッパーはルール変更とか、料金も値上げしていく可能性大ですしね。

また1,2年前のようにコロナで一気に反応が全体的に低くなるというリスクもありました。

なので結論を言うと、1つの媒体に依存するのは危険であるということ。

それと早急に自社媒体を構築しないともし今後もLINEやインスタで何かあった時にそこで集客の流れが止まってしまうということです。

また無料媒体しか持ってない方はマジで今後はかなり危険ですよ!

感のいい方達はもうすでに私のアドバイスを素直に実行してきてると思います。

●自社媒体を構築(ホームページやブログ) ※ホームページ構築の相談は上川までご連絡下さい。

●コロナ対策でエステのオンライン化を構築

●メルマガなど自社でリストをコントロールできる仕組みを持つ

など。

こうしたWEB上のインフラ構築をこれまでサボってきた方とコツコツ積み重ねで構築してきた方との差は今後もどんどん広がっていきます。

本当にもっと危機感を持った方がいいです。

次に『LTVを最大限あげる必要がある』についてです。

LTVの点についていえば単純に原価があがっていきます。

なので、そういったことが起きてもビジネスがしっかりと回るようにですね?

LTVがあがるビジネスモデルへの転換だったり、商品設計を組んでおくということが求められるでしょう。

今回はLINEの料金プラン改定がキッカケでこういったお話をしていますが・・・・

これはLINEの料金プランに関わらず事業を行うものとしてはですよ?

普遍的に行っていくことかと思います。

ですので、LINEを活用するとか活用しないとかという話ではなく、事業を行っていく上でとても大切なことです。

ビジネスを見直してブラッシュアップする良い機会だと捉えてですね?

自分にできることをこれを機にしっかり取り組んでいきましょう。

 

今後は外部要因に振り回されないために

 

なお、今回はLINE公式のプラン改定というまさに外部要因のことでした。

このようなルール変更はですね?

LINE社が決めることなので、我々ではどうすることもできません!

これはインスタなど他の無料媒体やホットペッパーなどにも言えます。

事業をする上では外部環境による部分をなくすことはできませんが。。。

外部環境依存になってしまうとですよ?

常に振り回されてしまうことが多く、気持ちも落ち着きませんし、不安でいっぱいになりやすくなります。

ですので、大切なことはですね?

いかにして

『自社でコントロールできることを増やしていけるか? 』

ということだと考えています。

外部要因に影響されるところを減らして自分でコントロールできることを増やしていく。

もしくは分散させるなどをして、外部要因の1つで影響されないように常にリスクヘッジしていきましょう!

リスクヘッジを考えた上で経営者としては対処していかないといけないということです。

肝に銘じておきましょう!

 

今後LINEはどうやって使うべきなのか?

 

ちなみに今回の料金改定において今後はLINEはどうやって使うべきなのか?

基本的な流れとして

SNS

LINE公式

メルマガ

この流れがベストではないかと思います。

要はSNSとメルマガの間にかませてそのを作っていくのがいいのかなと思います。

ちなみに前回のLINE公式アカウントの従量課金への移行の時もそうでしたが!?

やはり、メルマガが結局は安定感が抜群で効果的だと思います。

なので、基本的な考え方としては自社のコアメディアがあればですね?

今回のLINEのような大きな変更があってもあまり影響は受けません!

今後はますます自分のコアメディア(自社媒体)構築が必須になるのではないかと思います。

 

>>>サロン集客の相談は専門家にお任せを!初回無料オンライン相談はこちら!

 

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP