最新のサロン集客に役立つ情報

3度目の緊急事態宣言を踏まえて今後はサロン経営をどうしていくべきか?

3度目の緊急事態宣言を踏まえて今後はサロン経営をどうしていくべきか?

 

主要都市で緊急事態宣言の3度目が発令されました。

私のいる三重県地方も飲食店への時短要請とか・・・・

政府にまん延防止法の申請を行う動きが出てきてます。

各地方自治体においてもですね?

すでに県独自の施行がなされてるところもあります。

この動きは各地でGW明けまでは続くでしょうね。

そして今年のGW期間中はですね?

緊急事態宣言が出てる東京、大阪、兵庫、京都に近い県の各スポットに人が大勢集まることでしょう。

またその隣の県の居酒屋とかに人が大勢集まるでしょう。

結局は、東京、大阪、兵庫、京都だけ緊急事態宣伝出しても全く意味ないですよね。

関東であれば、横浜、川崎、千葉、静岡、栃木・・・・

こうした地域にGW中に人が大勢訪れることでしょう。

関西なら、奈良、和歌山、滋賀、岡山・・・

こうした地域にGW中に人が大勢訪れることでしょう。

緊急事態宣言が出た地域に隣接した地域に移動するだけだから。

昨年のロックダウンの時のようにやるなら一律で人流を止めることしないと意味がありません。

 

そして今回の3度目の緊急事態宣言を踏まえて

『今後はサロン経営をどうしていくべきか?』

これについてお届けいたします。

 

今回の3度目の緊急事態宣言後は経済がやばい?

 

今回の3度目の緊急事態宣言を見てるとですね?

あらゆる業種の経済は厳しくなっていくと思います。

それと同時にですね?

サロン・美容業界もこれからお客さんが減っていくんじゃないかと危惧されます。

昨年の緊急事態宣言の際はですね?

10万円の国民一律給付金が出たり・・・・

個人事業主には100万円の小規模事業者給付金が出たり・・・・

銀行や公庫も緊急融資にも積極的に対応してくれました。

だからこの1年間をなんとか乗り越えれたところも多かったでしょうが。。。

こうした支援策でこの1年は助かった経営者の方達も大勢いると思います。

しかし、そこで得たお金もそろそろ底をつき始めていてですね?

このコロナ禍の一年間でお店の売上もドンドン減ってきているのが実情です。

また経営者個人の貯金もなくなってきて、資金繰りで精一杯という会社が増えてきてます。

中には高級車を売りに出し、資金の足しにしてる経営者もいます。

政府からも昨年のような目立った経済的な支援策は今年は皆無です!

「潰れるところはとっとと潰れろ!」

って言われてるようなものです。

なのでどう考えても今後の景気は厳しくなっていきます。

 

これから景気が厳しくなることを予測した上でどう対処していけばいいのか?

 

それではこれから景気が厳しくなることを予測した上でどう対処していけばいいのか?

まずサロンオーナーの方達が今すぐやらなければいけないことは何かというと・・・

当然ですがゴールデンウィーク中の営業スケジュールを告知しておくことです。

・ホームページやブログ

・Googleマイビジネス

・ホットペッパー

・インスタなど各SNS

ありとあらゆる媒体で発信しておくことです。

これは今すぐ誰でもできることです。

次に、今回のゴールデンウィーク期間はですね?

本来だと家族旅行や海外旅行に行く予定がキャンセルされる層が多いので、そのお金を近場で贅沢なものに使う可能性があります。

なので今年のGW中は考えようによっては、

緊急事態宣言が続く中でも、お客を呼び込むチャンスだと言えます。

なのでできれば、GW期間中はですね?

サロンを開けておく方が絶対に望ましいのです。

休業要請が出てる地域を除けば、サロンをオープンしておくことがベターです。

こんな時に休んでる場合ではないです。

上半期での小チャンスでもあるわけなので。

 

GW中は時間もお金も持て余す裕福な層を狙え!

 

先ほども申し上げたように、今年のGW中はですね?

旅行の予定がなくなって、時間もお金も持て余す裕福な層がいます。

本来は旅行で使う予定だったお金をですね?

エステや美容院など自分のご褒美や自分磨きに使うケースが多そうです。

したがって、GW連休中はですね?

そういった層に向けてアプローチしていくと良いのです。

それと同時にですね?

ブログやホームページのアクセスが少なかったり・・・・

SNSのフォロワーが少なかったり・・・・

LINEの友達が少なかったり・・・

このようにせっかくある媒体も見てくれる人が少ない場合はですね?

GW中に自社サイトへのアクセスを増やすための種まき作業をされると良いです。

・記事数を圧倒的に増やす

・各媒体のフォローをとにかく集めまくる

こうした仕込みをしておくと今後のためになるはずです!

それからあと忘れてはならないのが・・・・?

コロナに影響されない『エステのオンライン化』です。

今だからこそしっかり仕込みをしておいてください!

『これ知らないと絶対に売れない!コロナ禍でのサロン店の商品サービスをオンライン化する際の注意点とは?』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

追伸:

東京でサロンをされてる方は今回の要請を受けて休業に入る方もいるかと思います。

ですが協力金が貰えるので貰えるものはしっかりもらいましょう!
↓↓
東京の協力金の申請要綱はこちら!

 

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP