最新のサロン集客に役立つ情報

Googleマイジネスのガイドライン違反が及ぼすリスクを把握しておきましょう!

Googleマイジネスのガイドライン違反が及ぼすリスクを把握しておきましょう!

 

あなたのお店ではGoogleマイビジネスはすでに活用されてますでしょうか?

GoogleマイビジネスやGoogleマップを利用した集客が近年ではとても注目を集めてます。

そして実際に活用したいというお店の方も増えてきてます。

しかし、Googleマイビジネスを運用する際にはですね?

事前に注意するべきガイドラインがあります。

このガイドラインを知らない間に違反を犯してしまっているということもあります。

今回はGoogleマイビジネスのガイドライン違反が及ぼすその危険性について紹介したいと思います。

 

Googleマイビジネスのガイドラインとは?

 

ちなみにGoogleのサービスはですね?

「消費者に有益な情報を提供する」ことを重視しています。

そのため、消費者に有益ではない「サービスをアピールするため」の運用方法になってしまうとですね?

これはガイドライン違反してしまう危険性があります。

【サービスの説明に関するガイドライン】

Googleマイビジネスにおいては自店のサービスに関する説明を設ける箇所が設けられています。

サービスに関する説明には下記のようなガイドラインがあります。

・関連性、質の低い情報の記載

・消費者の誤解を招く情報の記載

・特典、サービス、キャンペーン情報の記載

・リンクの記載

・消費者に不愉快と捉えられる情報の記載

・危険、違法、虐待に関する情報の記載

など。

これらをもう少し具体的に説明していきたいと思います。

●関連性、質の低い情報の記載

自分のサービスに関連性の薄い情報や、誤字脱字、絵文字が多いなどが抵触すると考えられます。

女性の場合、絵文字を使うことが多々あります。

なので特にサロン系の女性経営者の方は要注意です。

また、消費者の理解しづらい情報の記載も注意が必要です。

 

●特典、サービス、キャンペーン情報の記載

最も違反していることに気付きにくいのが、この部分です。

知らず知らずキャンペーンや割引に関する記載をしていませんか?

基本的にサービスを紹介するために記載するので、アピール中心の内容になってしまわないように注意してください。

Googleはサービスの管理部分をAIによって行っていると予測されるので、

「今まで記載していたけど違反を受けなかった!」

という場合でもアルゴリズムによって急に違反になる可能性がありますので要注意です。

●リンクの記載

Googleマイビジネスに説明を記載する際に、リンクが含まれていると登録できないようになっています。

これも知らず知らずのうちにやってしまいがちなので要注意です!

未然に防ぐことができますが、ガイドラインの違反になります。

 

●サービスの名前に関する記載

登録した店舗名に関するガイドラインです。

サービスの名前は掲載している写真やHPの記載と一致している必要があります。

この部分も気づかずに違反をしてしまっているパターンが案外と多いのです。

例えば店舗名にキーワードが含まれている場合です。

「●●が新鮮な●●専門!●●居酒屋」

みたいな感じです。

キーワードを店舗名に記載することで、Googleマップの上位表示を行っている場合があります。

実際に表示順位に影響がある場合もありますが、ガイドライン違反になりますので、行わないようにしましょう。

いかがだったでしょうか?

マイビジネス上のガイドラインに違反する例を色々紹介しましたが、理解してやらないと知らず知らずのうちに違反になります。

 

実際にガイドラインに違反するとどんなリスクがあるのか?

 

では実際にガイドラインに違反するとですね?

どのようなリスクがあるのかについて紹介したいと思います。

・アカウントの審査が通らない

Googleマイビジネスに登録する際には、Googleの審査に通す必要があります。

ガイドラインに違反しているとGoogleマイビジネスにアカウント登録ができないことがあります。

また第3者が違反を報告することもできます。

 

・アカウントが停止になる

アカウントが停止になると、アカウント情報が編集できなくなったり、Google の検索結果に表示されなくなったりしてしまいます。

アカウントが停止されたまま復旧できない場合はですね?

口コミやアクセスなど今まで積み上げてきたものが全てなくなってしまいます。

これは今までの努力が水の泡となってしまいます。

なので、アカウントが停止されないためにもですね?

Googleのガイドラインを違反しないように注意して運用していくことが大切です。

 

仮に最悪アカウントが停止されたらどうすればいいのか?

 

では、仮に最悪アカウントが停止されたらどうすればいいのか?

知らず知らずのうちにアカウントが停止された場合や・・・・・

GoogleのAIのアルゴリズムにより誤って削除されてしまった場合・・・・・

こういうケースもあり得るので、こちらのアカウント復旧フォームが用意されています。
↓↓
https://support.google.com/business/troubleshooter/2690129

各項目とアカウントが停止されてしまった店舗情報を入力することで、アカウントの復旧申請が行えます。

しかし、申請すれば全てのアカウントが復旧される訳ではありません!

仮に、復旧される場合でも、1〜2ヶ月ほどかかります。

それからですね?

ガイドラインに違反しているアカウントを見つけた場合は、第3者も違反の報告を行うことができます。

第3者からも違反報告される可能性もあるので、

『Googleに見つからなければ大丈夫!』

という甘い考えは捨てた方が賢明です。

 

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP