最新のサロン集客に役立つ情報

【サロンのよくある過ち】やたらめったらメニューを増やすと集客出来ないです。

「メイン商品が売れてないのにやたらめったらメニューを増やさないこと」

 

主にサロン系の方々に言えることですが、ついついこれをやってしまいがちです。

お客さんに「●●は無いの?」と言われてついつい新メニューを増やしたり・・・

展示会などで良さそうな商材を見つけたからといって、それを新たに取り入れたり・・・・

新しい資格を取得したからといって、それを元にしたメニューを組み込んでみたり・・・

そして気が付けば、いつの間にか何でも屋さんになってる状態。

今のあなたのサロンもこんな状況に陥ってませんか?

 

メニューが多ければ多いほど良いと勘違い

 

メニューを増やせば、そのメニューを求めてお客様がやってくるというのも間違いですね。

多すぎるメニューは強みがないのと同じことなんです。

お客様が選べなくなる、ということですね。例えば飲食店へいくと、たくさんあるメニューの中でもついオススメメニューを選んでしまいますよね。

メニューそのものを少なくして、セットメニュー(売れるメニュー・オススメなど)を1〜2つくらい用意すると良いですよ。

大体のサロンの方達はですね?

実は自分本位でのメニュー作りになってしまっています。

メニューを増やすことは一見すると良い風に思えます。

ですがお客さんの側からするとですね?

どれが本当にいいのかわからなかったり・・・・

あるいはお互いのそれぞれのメニューの違いがイマイチ分からなかったりします。

 

メニューをやたらと増やすサロンオーナーの心理

 

例えばですね?

あなたが風邪をひいて医者に行ったとします。

その時に診察してもらった後に風邪薬が出ると思います。

そこでその医者の先生に、

「Aという風邪薬もありますし、Bもあります。」

「さらに新商品でCという風邪薬もありますよ!」

もしあなたが医者の先生にこう言われたらどうでしょう?

これだとどの風邪薬がいいのかどうかが分かりませんよね。

でも、実は同じようなことをサロンさんはされてるのです。

●売上が欲しいから

●新しく売り上げを確保したいから

確かに気持ちは分からないでもありません。

そしてその結果、新しいメニューを増やしたり・・・・

商品ラインアップをやたらと増やしてみたり・・・・

こうした過ちをつい犯してしまいがちです。

商品やメニューを増やしていいのはですね?

メインのメニューや商品が売れてることが前提です。

もしそうでない場合はですね?

まずメインを売る努力やてこ入れをすることが先決です。

 

リピートが増えるメインメニューの作り方

 

リピートが増えるメインメニュー作りはちゃんとあるんです。

そもそもなんですが、メニュー作りはサロンのコンセプト・ターゲット・USP(競合にはない独自性の強み)から、作り出すことであります。

この3つからずれて、メニューを作ってどんどん増やしていくとですね?

あなたのサロンにはお客様は来ないんです。

お客様側から見ると、サロンのコンセプトや強みが見えにくくなってしまうわけですからね。

もしあなたがメニュー作りに悩んでいるなら、まずはこの3つ「サロンのコンセプト・ターゲット・USP」をもう一度洗い出してみましょう!

よくありがちなのがですね?

サロンを開業した時と、軸がぶれてしまうことです。

なので、定期的にサロンのコンセプトがずれてきていないか確認してみましょう。

ではここでリピートが増えるメインメニュー作りの基本について解説いたします。

リピートが増えるメインメニュー作りの基本はですね?

先ほども申し上げたように以下の3つの要素を事前にやることです。

●コンセプトを洗い出す

●ターゲットを設定する

●USP(独自性の強み)を見つける

そのメインメニューはターゲットである見込み客が、喉から手が出るほどやってみたいと思うメニューかどうか?

それがとても大事だということです。

 

事前リサーチをしっかりやろう!

 

この事前リサーチを十分にすることで失敗しないです。

メインメニュー作りは十分にリサーチすることから始めましょう。

リサーチすることは、競合サロンを調べることと、ターゲットも調べます。

では少し詳しく解説しますね!

 

◆競合をリサーチする

競合サロンをリサーチする時はメニューはもちろんですが、コンセプトやターゲットとUSP(独自性の強み)を調べてみてください。

1店だけでなく、5~10店ほど調べてみてください。

そうすることで他店との違いや、独自性の強みを再認識できると思います。

 

◆ターゲットをリサーチ

肝心のターゲットについてリサーチをしないと、ニーズとずれていないかどうかを調べる必要があります。

ターゲットとなる見込み客なんですが、実際にあなたのお店に来店してるお客様でも良いです。

ここで大事なことは具体的にすることです!

よくやりがちな「20〜50代までの女性」これではダメです。

リサーチする上で、ターゲット設定をするとコンセプトも必然的に見えてきます。

ターゲット設定のポイント

 

ターゲット設定のポイントはですね?

名前(仮名)・年齢・住所(地域)・職業・年収・趣味・好き・嫌い・その他。

こうした要素を具体的にすることが大事です。

メニュー作りは事前リサーチをちゃんとして、自分のポジショニングを明確にすることで上手くいきます!

 

最後にまとめ

 

【リピートが増えるメインメニュー作り】

●コンセプトを洗い出す

●ターゲットを明確に設定する

●USP(独自性の強み)を見つける

事前リサーチをしっかりやるかどうかで成功率が大きく変わります。

なのでリサーチ作業は怠りなくです。

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP