最新のサロン集客に役立つ情報

コロナ禍で来店客が減り続けてるサロンオーナー必見!エステサロンのオンライン化を成功させるための秘訣!【虎の巻】

コロナ禍で来店客が減り続けてるサロンオーナー必見!エステサロンのオンライン化を成功させるための秘訣!

 

ここ最近ではコロナの影響で

「来店型に頼れないから新たな収入の柱を得たい!」

と相談されるサロンオーナーさんも少なくありません。

オンライン売上=実店舗以外からの新たな収入

この仕組みを作っておけば、いろんな状況にも対応できます。

極端な話、店を閉めていても、売上を作ることが出来ます。

ただもちろん言うのは簡単ですが、この仕組みは一朝一夕にできるモノではないです・・・。

私がアドバイスしているサロンの方の中にも、わりと短期間のうちに、数十万円のレベルであればですね?

オンラインのみで売上げているサロンオーナーさんもいらっしゃいます。

だからあなたにも、ぜひ、やり方を知っておいてほしいと思います!

 

エステサロンのオンライン商品を販売する際の全体像

 

ここで

『サロンのオンライン販売の全体像』

についてお伝えします!

まず、「オンライン化の全体の流れ」を事前にご理解いただければと思います。

多くのサロンの方達は今までオンライン化をしたことがないせいか?

「オンライン化って難しい・・・」

と思いこんでます。

でも、実は、たった3ステップで構築するだけです!

(1)オンライン商品づくり

(2)販売ページ作成

(3)販売

以上です。

STEP1で、まず商品(サービス)づくりをしていきます。

現状、あまり具体的な計画がなくても大丈夫です。

続いてSTEP2では、販売ページの作成です!

オンライン販売では、この販売ページが必須となります。

販売ページは、

「あなたの商品(サービス)をオンラインで購入できるページ」

の事です。

サロンで言えば、「メニューページ」と同じ役割ですね。

この販売ページの良し悪しで、かなり売上は大きく変わります。

そしてSTEP3は、実際のオンライン販売の流れです!

オンライン販売は、ゴールまでのちゃんとした手順があります。

この手順に沿って、販売を進めていけばOKです。

もしあなたが、どんなに素晴らしい商品を作っても、どんなに出来の良い販売ページを作成しても・・・

やはり販売方法がマズいと、売れませんからね。

今回述べた3つのステップをよく理解してエステのオンライン化を進めていってみて下さい。

 

エステのオンライン販売の商品パターンにはどんなものがあるのか?

 

次に『オンライン販売の商品パターン』について解説いたします!

「うちのサロンももオンライン販売しよう!」

と考えていてもですね?

まずは、あなたのオンライン商品をつくる必要があります。

多くのサロンの方の場合、

「どのように、商品づくりを進めていけばいいのか?」

「エステをどうやってオンライン化すればいいのか?」

これが実際に悩むところであります。

そこで、

「どんな商品パターンがあるか?」

これを事前に知っておくことで、

「じゃ、うちのサロンはこのパターンで作ろう!」

って感じで実際にエステのオンライン商品サービスが作りやすくなります。

そして「オンライン販売に、向いてる商品パターン」はですね?

大まかに分けると以下の3つのタイプがあります。

(1)動画コンテンツタイプ

(2)参加型タイプ

(3)サポート型タイプ

上記についてそれぞれ解説してみますね。

 

動画コンテンツタイプのオンライン商品のパターンを作るケース

 

まず1つ目の動画コンテンツですが・・・

これは、

「事前に動画を用意しておいて、販売する」

というケースです。

動画コンテンツを、オンライン上にアップしてそれを販売するというやり方です。

動画コンテンツのメリットとしては、

「作成後の手間、時間がかからない」

という点です。

この動画コンテンツを一度作ってしまえばですよ?

いくら売れても手間やコストは、ほぼ変わりません。

その反対にデメリットとしては、

「作成そのものに、手間と時間がかかる」

「動画自体にまずなれる必要がある」

という点です。

特に最初の慣れないうちはそれなりの時間と手間がかかります。

 

参加型タイプのオンライン商品のパターンを作るケース

 

では、次に2つ目の「参加型」についてです。

この参加型サービスは、以下のようなものです。

・セミナー

・講座

・レッスン

など、いろんな形に対応できるパターンです。

【オンラインセミナー形式】

【オンライン講座形式】

【オンラインレッスン形式】

つまり、

「決められた日時に、あなたと参加者が集まる」

というオンライン形式での場になります。

コロナ禍となってから、急速に広まったパターンとも言えますね。

ZOOM飲み会、ZOOM合コン、ZOOMお見合い、ZOOMコンパ・・・・

色んなパターンが増えてきてます。

皮肉にも、コロナでZOOMが一般的になったことで、こうしたオンライン上での展開がしやすくなりました。

このパターンのメリットとしては、

「購入者のメリットが、明確に伝わりやすい」

という点です。

デメリットとしては、「商品によって収益性が下がる」という点です。

たとえば、グループの「オンライン◯◯レッスン」を販売したとき。

「10人集まる予定が、全然集まらず0だった・・・」

なんて事があるとですね?

せっかくかけた手間は同じなのに、売上はまさに0円になってしまいます。

そういったリスクを含むのが、この参加型モデルです。

 

サポート型タイプのオンライン商品のパターンを作るケース

 

では、最後に3つ目の「サポート型」についてです。

この商品パターンは、

・LINEや電話、ZOOM

・チャットワーク

・メール

などを用いて、何らかのサポートをしていく形式です。

たとえば、最近でよくある例ですと、

『食事サポートやダイエットサポート』

などがあります。

このモデルのメリットとしては、準備の手間がさほどない点です。

なおかつお金もほぼ掛かりません!

つまり、誰でも気軽にやりやすいモデルとなります。

なおこのパターンのデメリットとしては、購入者にメリットをしっかり伝えないとですね?

オンライン商品の魅力が感じづらい点です。

それからオンライン商品の購入者がドンドン増えていくとですね?

それに比例するように手間が掛かってしまう点です。

また、オンライン商品の値段設定もしっかり事前に考えないと、

「値段は低いのに、時間と手間ばかりかかって・・・」

なんて嘆く事になってしまいます。

いかがだったでしょうか?

このように、オンライン商品のパターンを大きく3つに分けると

(1)動画コンテンツ

(2)参加型

(3)サポート型

という3パターンがあります。

そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。

これを理解した上で是非ともエステのオンライン化を構築してみてください!

 

オンライン販売の3つの商品パターンを作ってみましょう!

 

ここまでで「オンライン販売の3つの商品パターン」について、お伝えしました。

あなたなら、どのパターンにするか?

何となく、イメージできたでしょうか?

仮にもしまだイメージ出来てなくても大丈夫です。

これからじっくり取り組んでいきましょう!

そして最後に実際の商品作成の手順について解説いたしますね。

ちなみに結論を先に言ってしまえば、オンライン商品は、以下の手順で進めていけばOKです。

(1)商品テーマの決定

(2)提供方法の決定

(3)価格・サービス内容の詳細

この3ステップです。

それぞれ、詳しく解説していきますね。

(1)商品テーマの決定

まずは、あなたの商品(サービス)の「テーマ」を決めます。

考え方の基本は、

「どんなターゲットに、どんな理想の未来を提供するのか?」

これを明確に答える形で、テーマを決定していきます。

例えばあなたがフェイシャル専門のエステサロンをしてるとします。

最近では特にマスクの肌荒れで悩んでる女性が多いです。

ここでは、そうしたターゲットに方に向けてオンラインサービスを提供するとします。

その際のあなたのサロンのテーマは、

(誰に)マスクの肌荒れで悩んでる女性に

(どんな未来を)オンライン化で美肌のケア方法を届ける

と、なっています。

このような感じで、あなたも商品テーマを決めてみてください!

(2)提供方法の決定

続いて必要となってくるのが、提供方法です。

例えばですね。

・動画コンテンツを作って提供する

・ZOOMを使って、講座やセミナーという形で提供

・LINEやZOOMなどを使って、何らかのサポートを行う

など。

いろんな提供方法が、考えられます。

まずはザックリでも構いません。

「どんな形で商品サービスを提供するのか?」

これを考えてみて下さい。

(3)価格・サービス内容の詳細

最後に、価格やサービスの詳細となります。

例えば、

「ZOOMオンラインでダイエットサポートを行う」

という商品であれば、

・サポートする期間(何ヶ月か?)

・ZOOMの回数(期間内に何回やるのか?)

・メールでの数の制限の有無(期間内に回数は?)

など、細かい点をいろいろと決めておく必要があります。

また、どのような価格設定を行うか?

支払い方法は、

一括払いなのか?

月額制なのか?

あるいは価格帯は、

低額設定なのか?

それとも高額設定なのか?

このように値段も含めて具体的に決めていく必要があります。

商品づくりは、

(1)商品テーマの決定

(2)提供方法の決定

(3)価格・サービス内容の詳細

と、この手順で進めていけば大丈夫です。

どうしても最初は慣れないと大変って思うかもしれません。

ですが、最初はある程度はアバウトで全体像を考えて作り上げればOKです!

あなたも是非ともエステのオンライン商品を作ってみてはいかがでしょうか?

 

エステのオンライン化で悩んでるサロンオーナーさんのための相談会

 

そして以前から、

「エステのオンライン化が出来ないんです・・・・」

「何をどうすればいいのか自分1人では悩んでます・・・」

「今後の感染者が増えることを考えるとオンラインの仕組みを構築したいのですが・・・」

という相談を多数受けております。

そんなエステのオンライン化でお悩みのサロンオーナーさんのために特別なオンライン相談会の場をこの度設けました!

オンライン相談会をご希望される方は以下よりお申込くださいませ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

>>>サロン集客の相談は専門家にお任せを!初回無料オンライン相談はこちら!

 

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP