最新のサロン集客に役立つ情報

サロンの利益を圧倒的に増やすための方法と考え方

サロンの利益を圧倒的に増やすための方法と考え方

 

サロンの利益を増やすためにどうすればいいのか?

最初に断っておきますが、サロンの売上イコール利益ではないということです。

売上ベースでしか考えない方がいらっしゃます。

ですが、そうではなくて利益ベースで考えることが大事です!

 

サロンの利益を増やすための4つの要素

 

サロンの利益を増やすためには、以下の要素を理解する必要があります!

●単価を上げる
●来店客数を増やす
●変動費を下げる
●固定費を下げる

ここで「単価を上げる」と「来店客数を増やす」に関しては売上に対するアプローチです。

そして「変動費を下げる」に関しては、文字通りに変動費、「固定費を下げる」は固定費です。

結果的にそれぞれの売上の割合を上げていこうというものです。

 

単価を上げる

 

まず「単価を上げる」についてですが・・・・

以下のような手段があります。

・メニューや商品を値上げする

・アップセルやクロスセルで1回あたりの単価を上げる

・高単価のサービスを作る

いずれの方法を選ぶにしても投資が必要になります。

なので、どこにどう力を入れるのかは経営判断になります。

 

来店客数を増やす

 

次に「来店客数を増やす」についてですが・・・・

以下のような手段があります。

・集客を頑張る

・イベントやキャンペーンを効果的に開催する

・リピート数を増やす

来店客数を増やすと売上はアップしていきます。

ですが、その反面ですが忙しくなります。

特に個人でサロンをされてる方であればマンパワーに限界が来ます。

その辺をどう仕組み化していくかはオーナーの腕の見せ所です!

 

変動費を下げる

 

ここからは経費を下げるやり方です。

「変動費を下げる」についてですが・・・・

以下のような手段があります。

・取引先に仕入れを交渉する

・他に変わる物販のものがないかを探す

・自社で商品を開発する(長い目で見て)

サロンの変動費の主なものについてはですね?

役務(サービス実施費)と商品の原価(仕入れ価格)であります。

これを上手く減らすことで利益を上げることが出来ます。

 

固定費を下げる

 

最後に「固定費を下げる」についてですが・・・・

以下のような手段があります。

・電気ガス水道代を見直す

・家賃の交渉をしてみる

・諸経費の見直し

・広告宣伝費の見直し

サロンの固定費の主なものについてはですね?

家賃や広告宣伝費があります。

これを上手く減らすことで利益を上げることが出来ます。

特に広告宣伝費に関してはですね?

クーポンサイトなど効果の無いものにしがみついて広告費をドブに捨ててしまってるサロンオーナーさんが少なくなりません!

なので効果の無いものは思い切って捨てる勇気も大事です。

 

いかがだったでしょうか?

売上がいくら上がっても経費が掛かり過ぎてるような経営をしてるとですね?

当然ですが利益は残りません!

これを機にサロンの利益が今まで以上にちゃんと残るように意識してみてはいかがでしょうか?

 

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP