最新のサロン集客に役立つ情報

サロンが新規集客に困った場合に何をやればいいのか?

サロンが新規集客に困った場合になにをやればいいのか?

 

サロンにとっての一番のお悩みといえば今も昔も変わらず新規集客についてです。

集客って確信が持てないからこそ、サロンオーナーさんにとってずっと不安なことです。

実際にクライアント様からも

「コロナになって集客が以前より難しくなりました・・・」というご相談が本当に増えています。

それもそのはずです!

コロナの影響だけでなく、サロンは日に日に増え続けているし、技術も商材も進化し続けています。

なので、これまでと同じことをやっていても、どんどん通用しなくなっていくわけです。

このまま何もしなければ、もちろん新規も既存も他のサロンに流れていってしまいます。

サロンを経営しているものの、

『なかなか新規顧客が来ない・・・・』

『リピートしてもらえず既存顧客がドンドン離れていってしまう・・・』

などのお悩みを抱えていませんか?

集客方法がたくさんありすぎてわからないというサロンオーナーさんも少なくありません。

また色んなセミナーに参加して集客を学び続けるサロンオーナーさんも多いと思います。

たしかにサロンの集客方法は、今の時代においてはあまりに沢山ありすぎてどれが一番効果があるのか悩みますよね?

さらにサロンオーナーの立場に立つとなるべく集客への投資金額は最小限に抑えたいはずです。

ただそうはいってもですね?

現実には落ちていく新規の客数を実感しながらも、

「何をすればいいのか悩んでる」

「何を変えたらいいのか分からない」

「これからどうすれば集客が上手くいくのか分からない」

など。

こうして日々焦ってモンモンとしているなら、まずは小さくてもいいから「行動すること」が大切です。

でも、間違ったやり方や成果の出ない行動に時間やお金を使いたくはありません。

それならば、具体的にどうすればいいのでしょうか?

 

集客に躓いてるサロンオーナーがやりがちなこと

 

サロンを開業してみてはいいけど、思うように集客がうまくいかず、

●値引きをする

●ターゲットをコロコロ変える

●他店と同じようなクーポン内容にする

など。

今述べたようなことは集客に躓いてるサロンオーナーがついやりがちなパターンです。

そして本人自身では色々と手を打って頑張ってみている割にはですね?

全然成果が出なくて、最終的に本人が疲れはててしまい、減っていくお客の数がいつも不安で焦ってる方も少なくはありません!

挙句の果てにはですね?

「ホットペッパー広告のプランを上げるか?」

「さらにクーポンの価格を下げるか?」

そんな二択しか考えないパターンが多々あります。

そして最終的には、ホットペッパー広告のプランを上げるとなるとお金が掛かってしまうので、施策としてはとにかく値下げをしてしまうわけです。

本当に集客の問題を解決して、予約の取れない繁盛サロンになりたいのであればですね?

ただ、価格を下げるだけではダメ、ということです!

このようにサロンのメニュー価格を下げるだけでは、単純に客層を下げて悪くするだけだからです。

 

新規集客に困ったらやるべき3つの要素とは?

そこでそんな新規集客にお悩み中のサロンのために『新規集客に困ったらやるべき3つの要素』について解説をしていきたいと思います。

ちなみにですが、サロン集客の悩みは大きく分けて2つに分かれます。

それが、

「客数が足りない」

「客層が良くない」

であります。

このお悩みを解決できる3つの要素なんですが・・・

それが以下の通りです。

●来て欲しいお客様に知ってもらう認知度アップ

●サロンの強みで選んでもらう

●通い続けてもらえるリピート集客

いかがでしょうか?

今のあなたのサロンは出来てますか?

では、まず『来て欲しいお客様に知ってもらう認知度アップ』に関してですが!?

そもそもまず最初は、あなたのサロンがお客様に知ってもらうことが第一です。

これには正直言って時間とお金の両方の投資が必要になります。

お金の投資=Googleなど有料広告、ホットペッパーなどクーポンサイト、チラシ

時間の投資=ホームページ、ブログ、SNS、紹介

ここで大事なことはまずは自分のサロンに合った集客法をやること。

それと同時に自分のサロンの予算を考えた上で最適な集客ツールを選ぶことです。

自分の客層=ターゲットにあった集客ツール

これを選んで「あなたのサロン店を知ってもらう」ことが大事です。

どの集客ツールを使えばあなたのサロン店に来て欲しいお客様に知ってもらうことができるのか?

この集客ツールを間違えないためにもまずは来て欲しいターゲット像をしっかり明確にしてください。

ここでいうターゲット像というのは、よくありがちな「30代の美容に興味ある女性」などと大まかに決めるのではなくですね。

もっとこと細かくペルソナを設定することです!

氏名・年齢・住所・職業・年収・家族構成・趣味・読んでいる雑誌・SNSなど・・・

こと細かくターゲット像の個人情報を設定していきます。

ちなみにこのペルソナを作るとですね?

まず集客がぶれなくなるし、ブログを始めSNSやチラシ、クーポンにおいて何をどう伝えればいいかがとても明確になります!

次に『サロンの強みで選んでもらう』に関してですが・・・

ペルソナでターゲットを明確化したら、次にそのターゲット層に選んでもらうためのステップです。

他のサロンとの明確な違いがなければ、お客様があなたのサロンを選ぶことはありません!

そのために必要なのがあなたのサロンの売りや強みです。

ここでいう強みとは、『他のサロンとの違いやあなたのサロンでこだわっていること』であります。

私がサロンオーナーさんの相談に乗ってる際によく言われるのが、

「強みがわからない」「強みがない」

という言葉です。

そのようなサロンオーナーさんはぜひ以下の6つの要素を参考ご自身のこだわっていることを紙に書き出してみてください。

●サロンオーナーとしての思いやコンセプト

●サロンにおいての技術のこだわりとは?

●材料や道具などのこだわりとは?

●スタッフのこだわりとは?

●サロンの店内の空間、あるいは立地条件など

●お店のサービスやおもてなしのこだわりとは?

この切り口で考えてみると

「こんなこともやってるな」

「ここはこだわってるな!」

というところが見つかるはずです。

この強みを打ち出していくことが来て欲しいお客様に選んでもらう秘訣です。

そして最後の3つ目の『通い続けてもらえるリピート集客』に関してです。

サロンの規模が小さくなればなるほど、お席に限りがあります。

ですので、必然的に集客できるお客様の客層・客質が大事です。

ここで絶対外せないのがリピートしてくれるお客様であります。

1回きりではなくこの先もずっとあなたのサロン店に通い続けてもらうためにはですね?

お客様にとって「あなたのサロンじゃなきゃダメな理由」が必要です。

これがすなわちあなたのサロンとしての価値判断になります!

ここでいう価値とは、

『お客様の悩みを解決できる』『願望を実現できる強み』のことであります。

サロンにとっても、

「お客様の悩みがどう改善するのか?」

「このサロンに通うとどんな風になれるのか?」

その理想の未来を実現したくてお客様はあなたのサロンに通い続けてくれるようになります。

つまりお客様は、理想の未来にお金も時間も投資したくなる心理があるからです。

いかがだったでしょうか?

集客がうまくいかない、と思っているサロンオーナーさんはぜひとも今回述べた3つの要素を意識してみてください。

 

>>>サロン集客の相談は専門家にお任せを!初回無料オンライン相談はこちら!

 

プロフィール

名前:上川敏寿
血液型:O型
趣味:読書、スポーツ観戦
特技:モノマネ
好物:韓国料理と焼肉
映画:ジャッキーチェンのもの
悩み:暑いのが苦手

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問はこちらのフォームからお願いいたします。

24時間365日受付中


 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:059-253-5077
お急ぎの方は:090-9025-9699
(受付時間:10:00~19:00まで)

東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・岐阜・三重(桑名、四日市、鈴鹿、津、松坂、伊勢、鳥羽)・静岡・大阪・京都からも多数お問い合わせいただいております。

エステ・美容系・サロン店を開業された方、もしくは開業予定の方はぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせは こちら から

PAGE TOP